テクニカルチャート分析

FX初心者の方のために、FXのテクニカルチャート分析を説明

トレンド型とオシレーター型

テクニカルチャート分析とは、過去のいろんなデータを元に作られた指標のことになります。この指標を元に、先がどういうふうに動くかを予測します。

テクニカルチャート分析での指標…つまりテクニカル指標ですがさまざまな種類があります。その中でも大別して二種類に分けることが出来ます。それがトレンド型とオシレーター型です。この二種類の中に、いろんな指標があるのです。簡単に指標を紹介させていただきます。

トレンド系

順張り型指標で、流れの方向性を見るものでこの流れに乗ってポジションを持とうというものです。「移動平均線」「一目均衡表」「MACD」「パラボリック」などが代表的なものです。

オシレーター系

逆張り型指標で、上がりすぎ下がりすぎを見るものでこの合図で逆のポジションを持とうというものです。「移動平均乖離率」「RSI」「ボリンジャーバンド」「ストキャスティクス」などが代表的なものです。